ゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.2 – Dance of Light -」

大阪のカフェレストラン・abc. (アボ) -art box cafe-で開催中のゴトウヨシタカ写真展「光と遊ぶ vol.2 -Dance of Light-」にお邪魔してきました。

ゴトウヨシタカ(ゴッチン)さんにとって初めての関西地区での個展は、会期が2ヶ月のロングラン。パネル20点、額装18点とボリューム感もたっぷりな展示です。

お邪魔した日はちょうど前半と後半の折り返し点。常連さんが多いお店ということもあり、この日、額装17点を入れ替えて、展示内容もリフレッシュされました。

2月に東京で開催した個展「INCEPTION」では、トレードマークのカラフルさを封印し、モノクロの多重露光で映画を見ているような世界感を構築していましたが、今回はまさにゴッチンカラーで室内が埋め尽くされています。

全紙サイズ、全倍パノラマといった大伸ばし作品もあって迫力満点。リアルとリアルが重なり合ってできる非現実感をたっぷりと堪能できる展示になっていました。

展示作品のほか、写真集「INCEPTION」(2000円)、フリーペーパー「233PRESS」も設置。この日持参した233写真部のPhoto Magazine「relier」創刊号も設置していただきました。「relier」創刊号の特集では、2月に開催された個展「INCEPTION」についてゴトウヨシタカ・スペシャルインタビューを掲載しています。

額装写真はすべて購入可能。特注の額に納められた作品は見栄えもとてもよく、お店の方の話では、もっとも大きな全倍パノラマサイズの作品を購入検討中のお客様もいらっしゃるとのことでした。

この日も、開店早々に浜松からやってきたタカハシさんがご来店。夜10時過ぎには、作品を見て感銘を受けたというお店の常連さん・ガクちゃんとタケちゃんがわざわざゴッチンさんに会いに来て記念撮影していかれるなど、大阪でもゴッチンさんのミラクル多重写真は大好評のようです。

会場の abc.(アボ) -art box cafe-さんは、大阪市営地下鉄四つ橋線・肥後橋駅近くのビジネス街にある、良心的な価格で食事を楽しむことができるお店。ギャラリースペースは広々としており、ほかに飲食中のお客様がいらっしゃっても、ゴッチンさんの作品をちゃんと鑑賞することができます。

大阪のビジネスマンに鍛えられているだけあって、リーズナブルな価格でありながら味も抜群。この日もキーマカレーと卵のピザを大変おいしくいただきました。

ご来場の際は、ゴッチンさんの写真とともに、ぜひお料理も楽しんでみてください。

光と遊ぶ vol.2 - Dance of Light -

ゴトウヨシタカ「光と遊ぶ vol.2 - Dance of Light -」

2016年4月4日(月) - 5月27日(金)
Gallery abc.(アボ) -art box cafe.-
11:30~14:00 / 18:00~24:00 [月~木]
11:30~14:00 / 18:00~翌2:00 [金]
17:00~24:00 [土]
(日曜・祝日・第一土曜 定休)
大阪府大阪市西区江戸堀1-17-4 ART Lab.1971 1.2F