フィールドワーク写真展交流会

233写真部フィールドワーク写真展2014 三宅島・南相馬の交流会8月16日からギャラリー世田谷233で開催中の「233写真部フィールドワーク写真展2014 三宅島・南相馬」の交流会を開催しました

出展者のほかお客様にもたくさんご来場いただき、みんなで乾杯して交流会スタート。用意されたビールや、手づくりのチャーシュー、煮卵、差し入れでいただいたシャンパンやたくさんの食べ物を囲んで、大いに盛り上がりました。
233写真部フィールドワーク写真展2014 三宅島・南相馬の交流会今回の写真展は、2000年の噴火と5年間の全島避難を経験した三宅島と、2011年の震災と原発事故により今も復興がなかなか進まない福島県南相馬市を旅した233写真部員が撮ってきた「今の三宅島、今の南相馬」の写真の展示。
三宅島を案内してくれたprunto代表・小林正吾郎さん、故郷・南相馬を案内してくれた雅流さんも交流会に参加。ふたりを囲んで、三宅島や南相馬のこと、写真やカメラのこと、旅の思い出など、尽きることのない話で楽しい時間を過ごしました。
233写真部フィールドワーク写真展2014 三宅島・南相馬の交流会
思いのほか盛り上がったせいで、終電を逃した参加者がいたとかいないとか。気持ちのよい早朝の涼しい風を感じながら帰路についたというのはここだけの話です。

展示もいよいよ本日8月31日まで。
最終日も夜8時まで、会場の世田谷233でみなさんのご来場をお待ちしています。